当院の残業などの様子(その1)2017.06.07

「ブラック企業」という言葉がよく使われるように今は企業が労働基準を守っているかどうかを社会がチェックする時代です。当院の労働環境について、採用希望者から聞かれそうな事項をまとめました。2017年5月調べでの状態です。(今は残念ながら新卒採用を募集していません。)

質問:「1カ月の平均残業時間はどのくらいですか?」
回答:「1カ月平均で1時間程度です。」

質問:「残業の内容は?」
回答:「ここ6年程度、月次レセプト(医療報酬計算)作業での残業はほぼゼロになっています。
つまり純粋な医療保険の事務仕事は定時の中で処理しています。
残業は年数回開催の勉強会と、不定期に起きる重症患者対応が残業の内容です。
2016年の後半の例を出すと、7月から12月で勉強会の0.5時間が1回、
音楽会行事2.5時間が1回、電光掲示板設置説明で1.5時間が1回、平均で1ヶ月で1時間程度です。」

質問:「休日出勤は?」
回答:「年2回程度、休日の仕事が予定で入ります。職員採用時に全員に確認していますが、広島市での開業医のルールとして日曜・祝日の当番医が年に2回前後当たります。
ほぼ半年前に割り当てが決まるのでその時点で休日出勤月日が決まります。
(広島市)日曜・祝日の当番医 を参考にどうぞ。」

質問:「有給休暇の消化率は?」
回答:「2016年の例で言えばどの職員もほぼ8割以上は有給休暇を使っています。」

質問:「労働基準監督署の臨検や是正勧告を受けたことがありますか?」
回答:「ありません。」
(多分、次回に続きます)